• Our Show home and Its Japanese Garden in Papatoetoe Part 2

      2015/11/22    What I feel 自分が感じたこと

    Hello everyone!! How is your sunday going? Today I have had spectacular soft ball matches with other 4 opponents in Howick!! Out teams lost the first two games but won the last two game as we somehow got so many points from these teams!! I am so lucky and happy that I enjoyed plying these games and won twice!! Now I am going to talk about my plan for Japan Homes Show Home at 31 Atkinson, Papatoetoe, South of Auckland. As we are a Japanese company we are going to create a Japanese garden for the exterior of the show home in the area other than the large deck (the photo below) Here is my plan of the garden In the plan the stone paving […]

    Continue Reading
  • Our Show home and Its Japanese Garden in Papatoetoe

      2015/11/19    What I feel 自分が感じたこと

    Hello everyone!!   Hope you guys have and lucky moments everyday!!   We have a newly built 60m2 show home at 31 Atkinson, Papatoetoe, South of Aukcland where anyone can come have a look at the quality of our design and building work. The size and room layout of this small home is the same as that of a minor dwelling unit, so if you are interested in building a minor unit at your property, this will be the best opportunity for you to see how your new building looks like!! For those who want to build a standard new home it is also great chance to see how your home looks except the size. So please come have a look if you are interested!! […]

    Continue Reading
  • Japan Homes at Northshore Home and Garden Show!!!

      2015/11/15    What I feel 自分が感じたこと

    Hello All!! How’s your weekend going? Hope you have a lucky, happy and lovely day today!!!   I am Amazon, a draftsman working for Japan Homes Limited, which is a home build & design company in Auckland. Our company’s aim is to provide comfortable and affordable living for Aucklanders. I begin this blog to share my happy, interesting and funny everyday experiences regarding work from my point of view of home design.   Today, there is a home show in Glenfield, Northshore, called “Northshore Home and Garden Show” and we are exhibiting some interesting displays. There are many companies exhibiting very interesting things in home, garden and other field so please come enjoy the show whole day!! Northshore Home&Garden Show Here is our booth!! If you are planning […]

    Continue Reading
  • A wedding speech for my staff – 従業員へ送る、結婚式スピーチ

      2015/09/19    The Way We Work 仕事のこだわり, What I feel 自分が感じたこと

    A wedding speech in midst of nervousness. Although this is not related to Building, I do want to introduce you my favourite words for my precious staff.   He has been my staff in the company for a few months and works well, so I feel comfortable working with him. His hometown in Japan is close to mine, and what we meet and work together in NZ makes me think there is something connected between us. I want to do more fun things with him in the future.   Now I am going to share my best favourite proposal today. This is a phrase that is used in a very famous Japanese movie. Unfortunately I haven’t used these words…. The proposal is like this. “Marry […]

    Continue Reading
  • Effects of the shortage of builders – ビルダー不足が与える影響

      2015/08/13    The Way We Work 仕事のこだわり, What I feel 自分が感じたこと

    I read this news the other day. http://www.nzherald.co.nz/business/news/article.cfm?c_id=3&objectid=11459438 Between 25 and 40 per cent of all building inspections continue to fail. We need 1000 building consents per month over the 10 years but 912 this month, which didn’t reach to the set point. Also the article points out that the factors why NZ Building development for new builds hasn’t advanced are lack of securing skilled staff resources in addition to rise of building materials and short supply. Viewing from the standpoint as a worker at building sites, I really agree this. For me, also it is difficult to secure good contractors. The reason is that nowadays if they say ‘I am a carpenter’ or ‘I am a tiler’, it tends to get works easily so […]

    Continue Reading
  • no image
  • 過去の暗い事件の中の住宅購入者

      2014/07/22    NZ Property NZの不動産, What I feel 自分が感じたこと

    House buyers in dark over past 過去の暗い事件の中の住宅購入者 「暗く、悲しみに溢れた、憂鬱な」オークランドの住宅を売却したカップルは、その不動産で自殺があったという事実を知らなかったことに対して、その購入に関連した不動産エージェントに賠償金を求めたが結局失敗に終わった。 不動産エージェントの懲戒裁判所はComplaints Assessment Committee (CAC)による、Barfoot & Thompsonはその顧客に対して死の事実を伝えるべきであったが、損害賠償に対しては却下するという判決を下した。 Richard Campbell氏とその妻Evetteは裁判所に対して、もしその不動産のガレージで1年前に自殺があったことを知っていれば、購入などしていなかったと述べた。住宅を購入した5か月後に彼らは再び市場に売り出しをかけた。 Barfoot社によると、その不動産での自殺に関する情報をマーケティング資料に記載しなかったことにはいくつかの理由があると裁判所に述べた。そしてその理由として、その事実が前住人の個人的な情報であるということと、またそれが不動産のコンディションに全く関連性のないものだということを挙げた。 裁判所は、多くの購入者はその不動産で起こった「悲しい出来事」に特に気にもかけないだろうと述べ、またその一方で、人々の中にはそれをスピリチュアル的な問題だとし快適に思わない人もいることも確かだと言う。しかし決断によると、こういった状況は「善悪の判断が曖昧なもの」であり、それぞれケースごとに取り扱われるべきであるとした。Barfoot社は、「裁判所がこれに対して絶対的な判決を下してくれることを願っていたが、結局はそうならなかった。」と述べている。 Rules for real estate agents *A licensee must disclose any known faults on the property.  (免許所有者は不動産における如何なる既知の落ち度に関して公表する義務がある。) *There has been a greater onus for the licensee to disclose potential issues – such as a development project that could affect the value of the property. (免許所有者は不動産において起こり得る問題を公表する義務がある。例えば、その不動産の価値に影響する開発プロジェクトに関して等) *Suicides and homicides fall into a grey area where in fairness they should be disclosed.  不動産での自殺や殺人事件は善悪の判断が曖昧なものであり、それぞれのケースの公平さに基づいて公表されるべきである。 *Timing is also a factor – a death a year ago would be more relevant to a buyer than a death a decade ago. 時期も一つの要因である。1年前に起こった不動産での死は10年前に起こったそれよりも、購入者に対してははるかに関連性の高いものである。   http://www.nzherald.co.nz/business/news/article.cfm?c_id=3&objectid=11270795 筆者見解> ニュージーランド最大手のB&T社が1年前の自殺を伝えなくても良い規制とはいったいどうなんだろうか?いつも大手は補償的なものがあるので安心だからと言われるが、全くないのではないだろうかと思う。 最近購入した物件でも、温水器が故障していても、長引くだけで良い事が無いと言われる。B&Tはなんのための、業界最大手なのだろうか?何のための高いコミッションなのだろうか?と思う。 また、売り買いをこなしている立場では、本当に同じ人でも売る時と買う時でまったく違う意見を言っているのが面白い。 建築業界もそうだが、国をあげてLEAKY HOUSEを作りまくって、その反動で今度は不必要な免許や罰則を増やしいたずらに複雑性やコストを上げている矛盾がある。また、LEAKY HOUSEの材料を作っていた会社がいまだに残って利益を上げている。 観光を含めて、ニュージーランドはPURE100%と言っているくらいなので不動産業界、最大手の人間を少しでもPUREに近づけた方がいいのではないかと思う。

    Continue Reading
  • no image
  • 本日の記事

      2014/05/06    What I feel 自分が感じたこと

    ・オークランド最大手のB&T不動産業者発表 1年前に比べて、休みが多い4月の販売売上が23.6%さがり、平均価格帯住宅の価格も5%下がり$619,500-となったと発表。SBは平均季節指数の下がりを14%とみていた。 自分の現地調査において、数名の査定人と話をしても、ノース、ウエストではかなり価格が横ばいになってきていると情報を得ている。そのエリアでは、強力な武器を持っていない限り投資目的での購入はお勧めするタイミングではない。 ・酪農農家は怒っている。 漁業密猟のように – FRBの農家は動物盗難に現行よりも厳しい罰則を求めています。 ・SBS銀行 SBS銀行は5.90パーセントから6.15パーセントに、 ・BILL金融大臣の発表 予算は対GDP比で低い債務を予測しているが、平均賃金を2018年までに、年間約3.5パーセント 合計で14%上昇を目指している。 ・クライストチャーチのスキル不足 より多くの証拠は、クライストチャーチのエリアで、特に建設業界のための熟練労働者の深刻な労働力不足が浮上している。政府は、失業中の若者を対象に3000ドルの給付金を出すので、クライストチャーチの建築現場で働くスキームも考えている。 これは、理に適っていて面白い。ただ、どこまで浸透されるか? ・ラムと牛価格が上昇 北島の拡張草の生育期の雨の影響などで、羊や牛の価格上昇が起きている。それらは、平均で週に最大3%以上であった​​。 参照元 http://www.interest.co.nz/news/69768/review-things-you-need-know-you-go-home-tuesday-nose-bleed-currency-interest-rate-doubts- http://www.interest.co.nz/property/69741/barfoot-thompson-sales-down-236-year-ago-easter-disrupted-month-median-price-down-5-m

    Continue Reading
  • no image
  • ニュージーランドの本日のニュースまとめ

      2014/05/04    What I feel 自分が感じたこと

    本日のまとめニュース ・新車販売 新型車の販売が好調で、1年前の4月に比べて7%の伸びを示した。 個人使用は4%、商用車は15 %の伸びを示した。面白いのは、4月に販売された車の30%はSUVのだった。 過去数カ月は売り上げが伸び悩んでいた。 家がこんなに高くなっているのに、車も新車なんてお金はどこから出てくるのだろうか? 家が良くなると、ボロイ車では違和感を覚えて、車も良いものにするという話を聞いたことがある。 それだろうか?経済全般を含めて ・フォンテラがより購入 フォンテラが次の水曜日の朝のGlobalDairyTradeオークションでより多くの脱脂粉乳を提供。 ・オーストラリアでは70歳が退職年齢に オーストラリアで本日、発表された退職年齢は2023年で67才。2035年で70歳になると発表された。 既存の退職年金スキームでも、65歳以降になっています。 元気ならもっと働きなさいというシンプルな国策であると感心。 ・フランス酪農企業の買いの開始 フランスの巨大乳製品の会社であるサットングループは比較的小規模なニュージーランドの酪農会社を購入し始めている。 オークランドやバルクルーサに拠点をおいているSUTTON GROUPやGARDIANSを含む。 ダノンとフォンテラは、リコール問題をめぐりニュージーランド裁判所において500ミリオンの紛争をしています。 中国以外の国もどんどんニュージーランドの酪農を狙っている。 中国人は大きな牧場を買って、酪農で儲け、土地で儲け、水で儲ける というところまで考えている層がいるという。計画が壮大である。 我々の通貨 NZドルは、 NZDは86.3 USCと92.9 AUCになりました。 TWIは80.2である。 参照元 http://www.interest.co.nz/news/69723/review-things-you-need-know-you-go-home-friday-fmd-prep-suv-love-smp-extra-fta-idea-oap-d

    Continue Reading
  • no image
  • 気になる記事

      2014/05/02    What I feel 自分が感じたこと

    規格承認 ニュージーランドの乳児用調製粉乳の生産のほとんどは、今日施行新たな規制の下で、中国への輸出が承認されました。幼児栄養科学会議は、すべてがすぐに承認を得られることと考えている。  中国大企業であるPMIが 彼らの公式の監視では、中国の工場の活動は、世界第二位の経済大国が安定し始めていることを示唆して4月に工場。この大企業PMIは3月50.3から上昇50.4で入って来たと拡大を示している。 希少性 私たちはしばらくの間、多くのストライキを見ていないが、 ドライバによりノースランドで今日始まった。これらのドライバは、ドライバの中でも上級クラスが起こしており、ガソリンタンクー運転手などが多い。現時点では資格保有のドライバーが不足が深刻である。ドライバーを移民の不足技術リストに載せるべきと主張している。 中国買い占めは誇張恐怖 ニュージーランドの外国直接投資の千億ドルの株式の中国のシェアはちょうど0.4%( 3.91億ドル)である。オーストラリアは、私たちの金融·保険、小売業やメディアや通信の分野に多大な投資で、63% ( 635億ドル)で支配する。貿易·投資の問題の広い範囲のデータが本日発表されました。 住宅を含め、チャイナマネー、チャイナマネーと叫ばれていますが、これは、面白い情報です。植民地政策をうまく成し遂げてきた白人国家主義の上手いやり方でもうけているのはすべて中国人と思わせて、実は更なる利権を掌握しているという図式が当てはまるのか。 レート変更PACEはピックアップ 住宅ローンの金利の変更の突風は今朝だったし、意外に一部が減少しました。また、 BNZによる若干の定期預金が増加があった。 消費者ストレスが低下 消費者信用情報機関によると、以外な利上げにもかかわらず、ストレスは緩和傾向にあると発表。 参照元 http://www.interest.co.nz/news/69705/review-things-you-need-know-you-go-home-thursday-we-meet-china-regs-nz-fdi-sees-little-ch

    Continue Reading
  • no image
  • 2013年のニュージーランド経済の見通し

      2013/01/14    What I feel 自分が感じたこと

    ニュージーランドに10年いて、昨日知った事実だが、 12月中旬から、1月中旬にかけて 約1ヶ月の間、CITYに到着する各駅停車の電車が年末休み。 また、大きなTV局もニュースなどは基本的に取り扱わずに 映画や漫画などを流しているという話を聞いた。 余裕からなのか、改めて 「ニュージーランドはいい意味でも、悪い意味でもすごいな」 と思ってしまった。 400万人しかいない小さな国だが、日本に対しても 去年後半より、ニュージーランドドル高が継続されている。 各方面での予測発表 <ニュージーランド経済研究所の発表> 2012年11月28日発表した四半期予測では、経済は回復しているが、ペースは遅く、 今後2~3年はこの状況が続くとみている。 同研究所は今後2,3年の平均成長率を2.5%とみている。 <カンタベリーの復興がGDPを押し上げる> カンタベリー地域の復興、再建コストには、住宅用が140億ドル、 商業用が130億ドル、インフラストラクチャーが30億NZドルと予測されている。 クライストチャーチ復興計画も2012年7月に計画されているが、 資金はどこから集めるのかというのが最大の難問になっている。 また、カンタベリー地域への投資を増やすと、形状収支の赤字は2017年3月までに GDPの6.5%に膨らむと予測されている。 <財政計画は予定通り実行> イングリッシュ財務相が発表。 政府が2012年5月に発表した、成長と雇用を促し、財政を黒字化するという経済計画は 順調に進んでいるととのこと。 1)経常収支の黒字回復 2)ミクロ経済的経済の改革 3)よりよい公共サービス 4)カンタベリー復興支援 <第1次産業> ドル高の影響で基幹産業で2012年 第1次産業は天候などに恵まれて、生産が順調だが 欧州の経済の停滞やドル高の影響で農家の収入は減っている。 第1次産業省の2012年12月12日発表の2012年度の発表では、 前年比、292億ドルより5%減の275億ドルを予測している。 <政策金利> 政策金利の政府キャッシュレートは2.5%に据え置き 背景にはクライストチャーチ復興を促すため、 インフレ率が1%台に留まっているためなどがある。

    Continue Reading