ユダヤ人大富豪の教え 2 その2  本田 健 著 オーディオBOOK ニュージーランド 建築会社

  • Japan Homes on TradeMe
  • Japan Homes on Facebook
  • Japan Homes on LinkedIn
ユダヤ人大富豪の教え 2 その2  本田 健 著 オーディオBOOK 
7)人間のお金に対する9つのタイプ(これはローム時代からある)
1、浪費家 使うのに夢中
2、けち   消費は罪と考えている
3、ケチな浪費家 
4、貯蓄好き 貯金に夢中
5、心配性 とにかく心配
6、無関心 公務員、研究者が多い
7、清貧  お金は汚いと考える。宗教者
8、稼ぎ中毒 稼ぐ=人生
9、幸せな金持ち まわりをもっと幸せにする
8、お金と家族関係を探る
人間の性格はどうやってできる。?
お金との付き合いの原型を知る。
家族はバランスをとろうとする。
そのために、ケチの親だと、子供は浪費家になったり。
兄弟で性格が正反対というのも、そのため。
家系図を作る。親の影響を強く受ける。
覚醒遺伝 > 祖父母の遺伝が孫に伝わる。
例えば、親子3代を見本にすると、
祖母がビジネスに失敗して大変は苦労をすると、その子供は堅実なつまらない道を選ぶ。
大変な苦労よりは、何も無いほうがいいという考え。しかし、その息子はそういう父親をみて、
俺はもっと、派手で面白い人生を生きようと試みる。
そこに、息子と親の確執が生まれる。喧嘩が多くなる。息子は大変なときを知らない。
これが、典型的なパターン
親の影響を受けたことがない、子供を見たことがない。
そのために、自分の先祖を知り、それを最大限に活かすことが非常に大切。
9、ミリオネアの生きかた
それぞれのレベル
1、少し金持ち
2、小金持ち
(ここまでは、弁護士、医者なども含まれていて、自分がいない収入がとまる)
3、金持ち ビジネスを持っている
4、大金持ち 大地主、年収は数億円
5、世界的大富豪 世界中にビジネス帝国を持っている。
お金の流れを知るには「釣り」のたとえが非常にいい。
釣りに行く前には 船、装備、さお、えさ、魚群探知機、天気、潮の満ち引き、
など色々と考えることが多いし、これらは流動的。
お金の流れもまったく同じで、いつも同じ場所で同じものを得られるかというと違う。
そのためお金が集まる場所で、効率的に取れる方法をいつも研究する必要がある。
お金の器を大きくする
現在の自分の器の大きさをしるのは非常に大切。
そして、器にあっている場所で暮らすこと。大きすぎても、小さすぎてもダメ。
金持ちになるには、お金がよってくる器になる。
1、毎日を充実して生きる。(エネルギーをためておく)
2、富を蓄積
3、お金の流れを作る。(自分発で多くの人がお金を受け取れるシステムを作る)
4、全員を味方にする
ミリオネアの素質
1、好奇心旺盛
2、情熱がある(ガソリン)
3、愛情
4、友情
5、信じる力、(自分、他人、そして未来を信じる。信じられない人は途中で放り投げる)
10、お金とパートナーになる
美しく儲ける。(=多くの人を幸せに豊かにする)
愛と奉仕のこころ(自分を知ることが大切)
11、お金の知性と感性を磨く
稼ぐ力と満足する心
普通の家→普通の考え→間違っても金持ちにはならない。
普通の家→お金持ちの考えを勉強、実践→金持ちになる。
稼ぐ力
1、お金の特性を知る
2、
3、収入のチャネルを増やす
4、収入を増やす
5、システムを作る
6、人を豊かにする。
7、時代の流れを読む
8、法律、税務に詳しくなる
満足する心
1、うけること
2、たのしむ
3、感謝する
4、喜ばせる
5、流れに身を任せる
6、信頼する
7、分かち合う
8、癒すこと
12、プライベートバンカーの仕事
1、顧客の資産保全
2、運用
3、金銭感覚のアドバイス
4、プライベートの人生サポート
5、次世代への資産家予備軍をつくる
13、自分を動機付ける
自分のことをだらしなくてもいいので「誇りをもつ」
酒に飲まれている浮浪者の話、酒を飲んでいなければ
お金を毎日あげるので、予定時間に予定の場所で会おうと約束。
3日間は来るが、4日目は来ない。
「人間は基本的には変われない」
自分を動かす5つのテクニック
1、自分をしっかりイメージする
2、自分のヒーローをしっかりイメージする
3、自分のなりたいものに感じつくす
4、変わるためのあらゆる方法を出し尽くす。
5、今すぐ行動する。

>>>>>>>>
ニュージーランド 日本人 建築会社 ジャパンホームズ 代表 岡部 雅彦
新築、増築、改築、から不動産投資、ランドスケープまで住宅に関することは
お気軽にお尋ねくださいませ。

Author

おか部 雅彦
おか部 雅彦Japan homes Directer
Born in Japan in 1973. At University I learned Japanese History.

After graduation, I worked at a major Dental material company as a top salesman. In 2002 I firstly set my foot on land in New Zealand, and have started to engage in NZ Construction firm since 2004. From the 8 years' experiences at construction sites and sales experiences in Japan, I devote myself to satisfy customers from consultation to construction and after care services.

Within the first 4 years after the foundation, half of Japan Homes' customers were similar ages of mine. So that their life environment such as a number of children were also similar to mine therefore I was able to understand the customers' situations and wants more. Meanwhile there are also many customers of my father's generation, which is always appreciated because I can learn lots of good things from them.

We try our best to provide services that you satisfy, such as schedule, quality and after care service.

"I can trust you with any projects." "You are the man who I can rely on when I am in trouble." I enjoy working to get these words more times and to create as more smiles as possible.

Comments on this post

No comments.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA


Trackbacks and Pingbacks on this post

No trackbacks.

TrackBack URL