1枚のお礼状で利益を3倍にするする方法 朝日心月 著 ダイヤモンド社

  • Japan Homes on TradeMe
  • Japan Homes on Facebook
  • Japan Homes on LinkedIn
1枚のお礼状で利益を3倍にするする方法 朝日心月 著 ダイヤモンド社
お礼状の最大の目的「利益をあげること」
そして、中小企業の最大の悩みは「利益を上げること」です。
第1章 たった1枚のお礼状が利益を3倍にしてくれる
・出会った人全てにお礼状(営業成績ダントツNO1)
・1000枚の手書きはがきで集客2割り増し、利益3倍アップ
・営業マンを1人雇うより、お礼状を10枚だしましょうという考え。
・お礼状では営業しない、あくまでも感謝を書く
・社長の手書きを書くのは最も効果的
・お礼状はチラシよりも効果大、お礼状は質の良い口コミ効果
・早く、丁寧に、今後も良いお付き合いができるようにと書く
・コストを考えてクラスを分ける80;20の法則がここにも適用
 <メール、FAX,電話、はがき>
・お礼い状の効果を測定
第2章 お礼状の皮をかぶった営業状の具体例
お礼状を出すとき
初対面の方には>
24時間以内に出会えた事への感謝の気持ちを伝える。
資料請求>>
企業のイメージがその後にもつながります。
しっかりとした対応が必要で感謝の気持ちをのべる。
資料発送に時間がかかる場合)時間がかかる謝罪、どのくらいかかるのかなどを入れる。
商品購入の時>>
「当社の製品をお選びくださり、ありがとうございました。今後とも、末永くお付き合いいただきますようよろしくお願いいたします。」
お客様の選択は正しい選択でしたということを肯定するのみ、間違えても売り込みはしない。
振込み完了後のお礼>>
入金の時、お詫びのとき、こちらの情報変更のとき、など
多岐にわたりいつでもチャンスはある。
セミナーに出た後に講師にお礼状>>
この行動を起こそうと思うだけで、常人ではないです。
セミナーにでた感想
そして、セミナーで得た知識を自分のビジネスにどのように活かすのを具体的に記載
お断りのお詫びの手紙>>
早く出すこと
まず、相手に感謝の気持ちを十分に述べる
ストレートに気持ちを言わない。
クレームに対しては>>
即座に対応良いわけはしない。
相手の気持ちを全て受け止める。
事実関係をしっかりと確認
第3章 いつだすのか?
お中元、お歳暮、お土産などをもらったときに出す。
第4章 少なくとも手書きで少しは書く。
歯医者さんの4枚のお礼状
治療完了後すぐに
1、半年後
2、6月4日の虫歯の日
3、治療の1年後
4、次年度の中に入れる
これらは、仕事が完了したときに下記、12月分のBOXに入れる。そうすることで面倒にならない。
まあ、月ごとのテーマを考える
同じ人にダブらないようバックアップもとる。
そして、できるだけ、テンプレートを持ち歩き、隙間時間に書くと億劫にならない。
全てにおいて、数字を上げることが本書の目的です。
そのために、早く、丁寧に、気持ちをこめて書く。
「ありがとう」の別の言い方
感謝申し上げます。
恐縮に存じます。
改めて御礼申し上げます。
深く感謝いたします。
本当に助かりました。
心からお礼申し上げます。
大変感激しております。
お気持ちが大変嬉しく、OOさせていただきました。
など、色々な表現をつかう、いつも感謝していますが、やはり、ありがとうの連呼ではいけないので、
平素よく勉強する。
「魔法の言葉」 とりわけを使い、お礼状の流れ
1、感謝の気持ちを述べる。
2、相手を気遣う
3、とりわけOOに感激しました。
4、取り急ぎお礼までとしめる。
宛名は絶対に間違えない。

>>>>>>>>
ニュージーランド 日本人 建築会社 ジャパンホームズ 代表 岡部 雅彦
新築、増築、改築、から不動産投資、ランドスケープまで住宅に関することは
お気軽にお尋ねくださいませ。

Author

おか部 雅彦
おか部 雅彦Japan homes Directer
Born in Japan in 1973. At University I learned Japanese History.

After graduation, I worked at a major Dental material company as a top salesman. In 2002 I firstly set my foot on land in New Zealand, and have started to engage in NZ Construction firm since 2004. From the 8 years' experiences at construction sites and sales experiences in Japan, I devote myself to satisfy customers from consultation to construction and after care services.

Within the first 4 years after the foundation, half of Japan Homes' customers were similar ages of mine. So that their life environment such as a number of children were also similar to mine therefore I was able to understand the customers' situations and wants more. Meanwhile there are also many customers of my father's generation, which is always appreciated because I can learn lots of good things from them.

We try our best to provide services that you satisfy, such as schedule, quality and after care service.

"I can trust you with any projects." "You are the man who I can rely on when I am in trouble." I enjoy working to get these words more times and to create as more smiles as possible.

Comments on this post

No comments.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA


Trackbacks and Pingbacks on this post

No trackbacks.

TrackBack URL