「金のアイデア」を生む方法 樋口健夫 著 成美文庫

  • Japan Homes on TradeMe
  • Japan Homes on Facebook
  • Japan Homes on LinkedIn
「金のアイデア」を生む方法 樋口健夫 著 成美文庫
ひらめき体質に変わる本
1日1日とくにかくアイディアを出していく。
まさにアイディアを搾り出すというイメージでしょう。
即日処理していく
出張用カバンなどを用意しておく
アイディアが出ないときは場所などを変えてみる
とくに、シャワーやお茶をゆっくりと飲むのはよい。
P90 エアペン ノートに書いたものがそのまま、デジタル化される。
ジャストシステム社製品
P118
発想、発想、発想をしていくとアイデアが搾りだされるが、着手点が難しいので、
どのように発想するのかのてがかり
1、課題配給、課題にしたがって発想、
「課題の存在」→「解決案の模索」こういう、流れがあるほうが発想がしやすい。
あまりにも、専門外だと発想しぬくい。
2、雑誌や本から問題点を見つけて
課題配給はだんだんと見つからなくてなってくる。
そのために、能動的にアイデアを狩にいく。
3、課題を「想像力」の中から作り出す。
1,2の過程をして、長くて6ヶ月もしてくれば、次の段階に移ることができる。
「仮想課題獲得期」の段階にはいる。自分の想像力だけで新しい発想をつくり
あげていく。
ただし、これらを混ぜ合わせながら色々な発想をしていく。
どれか1つに固執しない。
P131 読書マラソン
1日に本を何冊読めるか、テスト。(することが面白い)
そこで、この厚さの本はどのくらい、このくらいの本なら2時間あればよめるなどの
バロメーターがわかる。
本を読む時間を推測する。そうすることで、時間節約。
P157
「樋口家読書クラブ」9つのおきて
1、文字が読めないころには、母親が毎晩本の読みきかせをしていた。
2、「本が大好きなんだね」と言い聞かせる
3、本人が読みたいという本を1冊づつ与える
4、親も子供も一緒に読書を続ける
5、小学校2年生までに、文字をすべて読めるようにする。
6、家族の読書会をもつ
7、子供たちが読んでいるときに、もっと、ゆっくり読みなさいという(冗談)しかし、子供は興奮
2つはあまり意味がわかりませんでした。。。

Author

おか部 雅彦
おか部 雅彦Japan homes Directer
Born in Japan in 1973. At University I learned Japanese History.

After graduation, I worked at a major Dental material company as a top salesman. In 2002 I firstly set my foot on land in New Zealand, and have started to engage in NZ Construction firm since 2004. From the 8 years' experiences at construction sites and sales experiences in Japan, I devote myself to satisfy customers from consultation to construction and after care services.

Within the first 4 years after the foundation, half of Japan Homes' customers were similar ages of mine. So that their life environment such as a number of children were also similar to mine therefore I was able to understand the customers' situations and wants more. Meanwhile there are also many customers of my father's generation, which is always appreciated because I can learn lots of good things from them.

We try our best to provide services that you satisfy, such as schedule, quality and after care service.

"I can trust you with any projects." "You are the man who I can rely on when I am in trouble." I enjoy working to get these words more times and to create as more smiles as possible.

Comments on this post

No comments.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA


Trackbacks and Pingbacks on this post

No trackbacks.

TrackBack URL