志高く 孫 正義 オーディオBOOK

  • Japan Homes on TradeMe
  • Japan Homes on Facebook
  • Japan Homes on LinkedIn
志高く 孫 正義 
本当に、志が高くしようと、決心しました。
こういう方と同じ時代に生きれて同じ空気を吸っていることは
それだけで幸せを感じます。
自分も孫さんに少しでも近づけるような志の高いことをしていきたい。
本文の気に入ったところを抜粋します。
>携帯事業で
「NTT以外と戦ったら弱いものいじめでしょ」
ソフトバンクを立ち上げたときに社員かアルバイトが2人だけ、
しかも、会社はビルの間借りしている一角で堂々と宣言!!
「将来、売り上げは豆腐のように1兆(丁)、2兆と数えたい」
もちろん、その2人は辞めた。
日本テレコム、YAHOO-BBが少し落ち着いて、余裕がまだ無いときに
携帯事業を買収を提案、役員は反対するが、
「志が先にあって、VISIONがあり、綿密な計画(戦略)を立てて、絶対の確信を持つこと」
が最重要。
その後、必要な2兆円は「天下のまわりもの」のために、あとから考える。
現実にお金を用意(工面)した。
迅速な契約、迅速な工事。でなければ相手にチャンスを取られる。
あおぞら銀行を売却したことは、
企業にも寒い冬があり、葉や枝を落とさなければならないときがある。
そのために、生みの苦しみと同じだろう。
感情的には申し訳ない気持ちでいっぱいだが、やむ終えない場合は人生にある。
歴史が好きな孫さん
織田信長と坂本竜馬が大好き。2人とも革命児。保守派には散々たたかれる。
しかし、国を変えるためとあえて嵐に向かい、日本を変えていった。
人生は事を成すためにあり。
孫さんも画期的なことを企ててきたために、散々たたかれる。
「50年とか時代が流れないと、普通の人(志の低い人)は、その良さが理解できない」
保守派からの否定的な言葉は気にしない。
人生、ゲーム、ドラマ、スポーツ、すべてに困難があり、そして、それを乗り越えることに
感動があり、楽しさがあり、充足感がある。
いいことばかりでは、ゲームもドラマつまらない。
乗り越えるためには、気力、体力、自信が必要なため、それを鍛える。
情勢が劣勢だからこそ、強気にでる。
歴史でもわかるように、劣勢なのに強気だと相手が混乱。また、攻めの気持ちが味方の士気があがる。
1企業が儲かる仕組みは弱いものいじめ
そういう企業とは戦う。
もっとも安く、もっとも手軽にをモットー
NTTを敵に回して何度も戦った。
先に契約をとって、後で考える。
一生ささげる仕事に就く、一生ささげられる人に就く。
稲盛氏との商談で勉強。
タフなネゴシエーターになる。
出版部門の業績を変えるためには、社員1人1人の志と信念が必要。
叱咤激励して、コスト管理を編集長にさせる。
とにかく、その業界のTOPの人に会う。
「あいつに頼まれたら、断れないな」という人物になると面白い。
孫さんはそういう出来事が多かった。
合同ベンチャー事業
色々な会社を組み合わせて考える。
勉強は計画通りに行かないプロジェクト(人生)を行かせるための訓練。
ビジネスはスーパーマリオと同じ。
クリアしてもどんどん、難しくなっていって、面白くなっていって。
ただ、ここの土管に入ればワープするよとかをいつも教えてもらうよりかは、
自分で探したほうが力がつくし、楽しい。なので、勉強をしよう。
孫さんは大胆にして細心。
志と野心。
志は世の中のたくさんの人を良くする思い。
野心は限定的な人しか幸せにしない思い。
借金が莫大なときでも、「大丈夫ですか?」という質問に対して
「大丈夫です」とにこやかに話す。
これは、通常できません。。。
高校生のときに2階級飛び級
婚姻届を出す時間を2日間とも遅刻。
すごく、重要人物にあうのも遅刻し、侘びは少しで志をかたり、契約しようとせまる。
これらが許される器になりましょう。
インベーダーゲームを見て、日本で人気が落ちたらアメリカへ持ってこようと、
大学生のときに考えていた。
人気があるときから問屋へ声をかけておき、
人気が下がったときにただ同然で買い、アメリカへ空路で飛ばす。
その際のただ同然の強気の交渉もだし、空路というのもビジネスには鮮度があるのが
大学生のときに理解しているセンスのよさ。
企業買収が多く、ソフトバンクは何もつくりあげていないという批判に対して
「車、電気、コンピューターなどほとんどのものが世界で作りあげられ、日本人は基本的に
それをどのように改良したらよくなるかということは、歴史的にしてきた。しかし、
ソフトバンクがしているような時代を切り開くような行動をしてきたでしょうか?
ソフトバンクはADSLの部門で世界を切り開きます。」と発言。
>
孫さんは夢をもったギャンブラー

Author

おか部 雅彦
おか部 雅彦Japan homes Directer
Born in Japan in 1973. At University I learned Japanese History.

After graduation, I worked at a major Dental material company as a top salesman. In 2002 I firstly set my foot on land in New Zealand, and have started to engage in NZ Construction firm since 2004. From the 8 years' experiences at construction sites and sales experiences in Japan, I devote myself to satisfy customers from consultation to construction and after care services.

Within the first 4 years after the foundation, half of Japan Homes' customers were similar ages of mine. So that their life environment such as a number of children were also similar to mine therefore I was able to understand the customers' situations and wants more. Meanwhile there are also many customers of my father's generation, which is always appreciated because I can learn lots of good things from them.

We try our best to provide services that you satisfy, such as schedule, quality and after care service.

"I can trust you with any projects." "You are the man who I can rely on when I am in trouble." I enjoy working to get these words more times and to create as more smiles as possible.

Comments on this post

No comments.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA


Trackbacks and Pingbacks on this post

No trackbacks.

TrackBack URL